船橋市は、千葉県内で出生率9位です。
他市と同じく、船橋市でも待機児童の問題を抱えています。
保育園等の施設を建設しても、保育士の確保が出来なければ成り立ちません。国会でも討論されていますが、まずは働き手の環境を改善することが大切です。

核家族化が進む中、どうしてもお母さんが孤独を感じてしまうことも多いようです。
私にも妻と、娘が一人おりますが、まだ幼いので人の手を借りられるような機会は、大変有難く感じています。
今や子どもを預けて安心して仕事に従事できる環境は、人口増加・魅力ある街づくりに欠かせませんが、こうした精神的なフォローについても対策を考え、船橋市に住むお母さんが誰一人取り残されないようにしていくことが必要になってくると考えます。

待機児童の問題、保育園のおむつ回収の問題など、まずは自分自身で実感している船橋市の問題点から、コツコツと改善案を模索していきたいと思います。

これからの世代の人が、安心して子どもを産み育てていける街へ!

chonaikodomokatudo

林 としのり