令和元年9月10日に、船橋市議会での一般質問を行いました。
3項目にわたり質問したうちのひとつ、「学校プール」に関する答弁についてご紹介します。
船橋市が学校プールの今後についてどのような考えを持っているのかは、実は過去どの議員も質問していない内容です。今回、初めて市の見解を公の場で確認することが出来ました!

【林としのり一般質問と市の回答】

1.小・中学校のプールの維持費について
船橋市では、
夏前の時期になると多くの小・中学校でプールの授業が始まります。
期間は6月上旬から夏休み前の期間まで実施されており、小学校においては12時間、中学校においては10時間の授業時間が設けられています。
近年、学校プール施設における維持費や修繕費削減の観点から、民間委託に切り替える傾向が見られると新聞やメディアを通して伝えられています。
そこで、船橋市では現在どのような取り組みを行っているのかを質問させていただきました。

〔質問〕
Q.本市における小・中学校のプールの維持費はどのくらい費用がかかっているのか?
〔答弁〕
管理部長:
 「市内、市立小中学校のプール維持費に関して、小学校54校、中学校27校、全81校のプールの維持に係る過去3カ年の平均の支出額は、消毒用薬品代、水質検査手数料、プール循環浄化装置の保守点検業務委託料、下水道使用料など、年間で約3,200万円。また、プールサイドやプール槽の穴あき補修、配管の水漏れ修繕等の施設修繕に要した経費として、同様に過去3か年の平均支出額は、約1,800万円になることから、プールの維持費としては、年間5,000万円程度となっている。」

〔質問〕
Q.他市では老朽化によるプールの改修に多額の財政負担が発生していると聞いているが、本市の状況はどうか?
〔答弁〕
管理部長:
 「一般的に更新の目安は、プールサイドが鉄筋コンクリート造で60年、鉄骨造で40年、プール循環浄化装置で30年とされている。本市では、人口の急増に伴い、昭和40年代から50年代にかけて、多くの小・中学校を建設したことから、各学校に設置されているプールについても、校舎と同様に老朽化が進行し、今後順次、大規模な改修が必要になると見込んでいる。
近年の大規模改修の実績は、プール循環浄化装置改修工事で約700万円、プール槽およびプールサイドのシート張り工事で、改修規模にもよるが約400万円から約1,500万円、また平成28年度に実施した夏見台小学校における築42年のプールサイド躯体改修工事で約6,000万円となっている。」



2.対応策は大規模修繕か?民間委託か?
答弁より、多くの市内小中学校の建設工事が、昭和40年代から50年代の約10年にわたって集中していること、そして既に築42年の夏見台小学校のプールサイドの躯体改修工事に約6,000万円もの費用がかかっていることを考えると、今後の学校プール改修工事費の増大は避けられず、財政的にみても他市と同様に負担増に繋がってくると思われます。学校によっては、屋上型のプールもあります。
私の卒業した二宮中学校は武道館の屋上にプールがあり、夏見台小学校以上の負担が発生してしまうのではないかと懸念します。 また、何より行財政改革に今まさに乗り出している本市において、今後見過ごせない案件になってくると思われます。

〔質問〕
Q.他市では財政的な事情からプールの民間委託を行っているところもあるようだが、教育委員会としては大規模修繕をしていくのか、あるいは民間委託等の他の方策を検討しているのか?対応策について現時点での本市の考えはどうか。
〔答弁〕
管理部長:
 「今回、計画を前倒しで整備を予定しているトイレ改修のほか、校舎の外壁改修や屋上防水、給食調理室のドライ化など、今後も学校施設の整備に多額の支出が見込まれている。これら日常的に利用する施設に比べ、授業としての利用期間が6月中旬から夏季休業日前までの約1か月間となるプールの大規模改修については、厳しい財政状況のもとでは他の方策も検討しながら慎重に対応せざるを得ないものと認識している。
このことから、教育委員会としては、今後の学校プールの在り方について、議員ご指摘のように民間事業者のプール活用もひとつの選択肢として、現在調査検討を行っているところである。」


学校プールの今後の運用については、他市においても民間委託の流れが一部でてきており、お隣の八千代市においては、既にいくつかの学校で委託をしている状況だと伺いました。
また、千葉市の水泳授業を民間委託したモデル事業を行ったとの新聞記事も出ており、その記事によれば財政面だけではなく、教員の負担軽減にもつながってくるとあり、教職員の働き方にも波及効果が期待できると思われます。
とは言え、良い面がある一方で、命を預かる生徒を学校外へ委ねることによる新たな危険性、そして安全面の問題もあります。
民間委託も選択肢の一つとなっているのであれば、
大きな方向転換であることを踏まえて、十分に検討を重ねていただきたいと考えます。


〔令和元年第2回定例会 一般質問(2019.9.10)〕
林 利憲
1. 防災について
2. 学校プールについて
3. 部活動について
⇒本会議録画配信はこちら