船橋市議会第一回臨時議会が6月30日に閉会され、1ヶ月が立ちました。
この間、新型コロナウイルスの感染者が都内を中心に増加していき、私自身もかなりの制約がかかった中での7月の活動となりました。

委員会の活動としては、7月15日(水)に総務委員会がありました。
blog20200801-2
そこで以下の報告を受けた後、質疑を行いました。
<報告内容> 
1.東葉高速鉄道における繰上償還の取り止めについての報告 
(新型コロナウイルス感染症対策における) 
2.複合災害の備えについて
3.職員の勤務体制・働き方改革
4.ICT化の取り組み・オンライン申請について 
<質疑>
・7月3日~4日に発生した豪雨災害を受けて、仮にハザードマップの想定を越えるような豪雨が船橋市で起きた場合の対応はどうなっているのか。
・今のハザードマップの想定で安心できるのか
・働き方改革のなかで電子決済についてどのように考えているのか
などの質問をいたしました。

7月16日(木)には議会運営委員会があり、コロナ禍で行われた6月議会の取り組みについて振り返りを行いました。
blog20200801-1

7月29日(水)には、船橋市私立幼稚園連合会の理事の皆様と意見交換をさせていただきました。
新型コロナウイルスの影響などを具体的にお伺いする機会を得るほか、船橋幼稚園議員連盟との今後について、さまざまな意見交換をさせていただきました。
blog20200801-3

こうした活動の合間に、いま出来ることとして、市民の皆様からの相談を電話でお伺いし、その内容について船橋市の担当課に確認や相談をしてまいりました。
今後もまだ不透明な状況ではありますが、引き続き「自分が今なにができるのか?なにをすべきか?」を問い、わずかながらでも市民の皆様のお役に立てるよう活動していきたいと思います。

林としのり