船橋市議会議員 林としのり「船橋市のココが気になる!」

2019年4月に船橋市議会議員一般選挙で初当選し、現在1期目として邁進する【林としのり】が考える、船橋市の気になる点をご紹介していきます。 人口63万人超!大きな可能性をまだまだ秘めている千葉県船橋市が、今まで以上に住みやすく、魅力的な街に発展するためには?

船橋市議会議員 林としのり「船橋市のココが気になる!」 イメージ画像

子育て世代が住みたい街づくり

令和元年9月10日に、船橋市議会での一般質問を行いました。3項目にわたり質問したうちのひとつ、「部活動」に関する答弁についてご紹介します。【林としのり一般質問と市の回答】1.運動部加入率について船橋市内の中学校における部活動についてです。私も中学時代は野球部

令和元年9月10日に、船橋市議会での一般質問を行いました。3項目にわたり質問したうちのひとつ、「学校プール」に関する答弁についてご紹介します。船橋市が学校プールの今後についてどのような考えを持っているのかは、実は過去どの議員も質問していない内容です。今回、初

薬円台駅前広場は、船橋市の公園に位置付けられています。お花も沢山植えてあり、キレイに整備されていますよね。あの花壇を整備するため、定期的に花を植えたり雑草を抜いたりと手入れをしている「花楽(はなかく)の会」という団体があります。その会に、私林としのりも参
『花楽(はなかく)の会』の画像

子どもの視野は、大人よりも狭いと聞きます。ですから、通学路で登下校を見守るということは、とても大切なことなのです。通学路に関しては、時間指定の進入を禁止するなどの措置が取られている地域はあるものの、まだまだ十分とは言えません。ここはスクールゾーンですよ!
『次世代を担う子どもたちの通学路』の画像

船橋市は、千葉県内で出生率9位です。他市と同じく、船橋市でも待機児童の問題を抱えています。保育園等の施設を建設しても、保育士の確保が出来なければ成り立ちません。国会でも討論されていますが、まずは働き手の環境を改善することが大切です。核家族化が進む中、どう
『子育て世代が住んでみたい!と思える街へ』の画像

↑このページのトップヘ